◎印刷方式について

 ○凸版…版の凸部が画線部で、そこにインキを付ける印刷方式
  *最も古くから利用さてた版式で、活字、活版印刷の他、シール、ラベル、
    ネームプレート、段ボールなどの特殊印刷部門で用いられています。

 ○凹版…版の凹部が画線部で、版面全体にインキを付けた後、表面をぬぐい、
        凹部に入ったインクを残す印刷方式
  *現在ではグラビア印刷という、円筒状の版シリンダを用いる方式が
   雑誌等大ロットの印刷に多く用いられています。

 ○平版…平面の上に、水と油の反発作用を利用し、非画線部はインキを弾き
        画線部にはインキが残す印刷方式
  *最も新しく開発された版式。
   現在ではオフセット印刷という、版面のインクを一旦ゴム胴にとって(オフ)、
   それを被印刷物に付ける(セット)する方式が主流。

 ○孔版…画線部を切り抜き、その孔を通して
        インキを被印刷物に付ける印刷方式
  *ガリ版、タイプ孔版は現在では余り用いられなくなったが、
   ガラスやプラッチックなどの特殊な材料に印刷可能な、
   スクリーン印刷が多く用いられています。
      
方式について
top page